コンビニエンス事業 NEWDAYS

極めるエキナカの利便と、エキソトへの挑戦。

駅のコンビニとして、人々の暮らしの中にすっかり定着したNEWDAYS。エキナカという環境を最大限に活かしたサービスや品揃え、店舗のカタチを追求し、駅を利用するお客さまの多様なニーズにお応えしています。そしてより多くの皆さまに便利を提供できるよう、さらに駅への出店を積極的に進めながら、エキソトへの進出にも果敢にチャレンジします。

NEWDAYS 10周年と、500店舗体制の確立

10周年を迎えたNEWDAYSは、500店舗体制に向けてより多くの駅への出店、高架下用地等における展開、さらに他の鉄道会社やオフィスビル等への進出を視野に、積極的に取り組んでいます。これからも更なる成長へ向けてサービス面の向上を図り、販売力強化を推進してまいります。

RICSSをはじめとしたIT戦略推進

各店舗の販売データ等をリアルタイムで集約する情報システム“RICSS”や、レジ待ち時間を短縮する“Suica専用セルフレジ”等を活用したIT戦略を推進しています。オペレーション状況の見える化が、発注精度の向上、MD強化等、運営の効率化を図り、独自のマーケティングによる商品開発など、顧客満足度の向上を実現します。

商品施策の強化

店舗の立地や季節等にきめ細かく対応する商品施策を実施し、販売力強化を図っています。新規商品や重点商品、チルド帯什器導入によりチルド食品を積極的に扱うと共に、その実績を検証し多彩なニーズにお応えします。また、エキナカCVSとしてのサービス提供を拡充し、さらなる利便性を追求しています。

  • 商品売上高と店舗数の推移 (※1)

  • 品目別商品売上高構成率 (※1)

※1 NEWDAYSとKIOSKの合計