求める人材像

代表取締役社長 大和田徹

私たちの主な出店エリアであるJR東日本管内のエキナカは、1日1,600万人を超える人が利用する非常に高いポテンシャルを有するマーケットで、店舗を展開するうえでも無限の可能性が秘められた空間です。

当社は、国鉄分割民営化に伴い、前身である財団法人鉄道弘済会から分割されて1987年(昭和62年)7月1日に営業を開始しました。その後、JR東日本の100%子会社となった現在では、エキナカにおける小売事業ではJR東日本グループ最大規模の会社となっています。当社の会社発足当時は、鉄道を利用するお客さまに必要不可欠な商品を素早く提供する「KIOSK」が主力でしたが、現在では、いまや会社の主軸事業にまで成長したコンビニエンスストア「NEWDAYS」と前述の「KIOSK」を合わせた「コンビニエンス部門」、同じく収入の大きな柱であり約30の業態がある「専門店部門」、新しく広域的な商業スペースとして東京駅京葉ストリート・上野駅エキュート上野・品川駅エキュート品川サウスで展開している「デベロッパー部門」を3つの柱として事業展開しております。

昨今、世界的な不況・雇用情勢の悪化などによりお客さまの財布のひもが固くなり、国内における人口減少と高齢化の加速もあって、小売業にとって大変厳しい状況が続いているなか、エキナカは各方面からの注目が日増しに大きくなり、「NEWDAYS」が勢いある大手CVSチェーン店との競合のなかでも一店舗・一日当たり売上高(日販)で日本一の争いをしているほか、「専門店」もお客さまの多様なニーズを敏感に応えるため、ギフト・スイーツ・ブックのほか、ユニクロ等との提携推進や、また最近では「プレミィコロミィ」という当社オリジナルの雑貨店を大手デベロッパーが運営するエキソトのショッピングセンター等に展開を図るなど積極的な店舗展開を進めています。
厳しい状況は今後も続く見通しですが、私たちはこの流れをチャンスと捉え、これまでの成功体験に安住することなく、自らを絶えず改革・変革し、未知の事柄に積極的にチャレンジして常にお客さまに選ばれる店舗を目指し、エキナカという特別なマーケットに精通し、お客さま満足・品揃え・商品開発・店舗運営のノウハウを極めたトップランナーとしてその先頭を走り続け、駅を単なる電車の乗降場からお客さまの集う楽しい場所にするための様々な施策に取り組んでいきます。

そのために、これまでは単店舗出店が中心でしたが、エキナカをより魅力的な空間にするためデベロッパーとしてエキナカにおける面開発など新しい事業分野への進出もはじめました。同時に、「NEWDAYS」店舗数の更なる増やエキナカでの新規物件獲得、業態の新陳代謝・融合等にスピーディーに取り組むとともに、マーケティング力・商品開発力・商品仕入力の強化により、持続的な増収・成長を図っていきます。エキソトへも果敢にチャレンジして、従来の事業エリアにとらわれない展開をしていきます。

小売業は販売員がお客さまと接することにより満足を提供するサービス業です。

小売業はまず何よりお客さま満足業であるうえ、刻々と変わるお客さまニーズを肌で感じながら対応していかなくてはならない変化対応業であり、それはお客さまに接する"人"が主役である人材活用業でもあります。したがって、主役であるその"人"がいかに力を発揮するかで会社の今後が決まります。そのため、これから入社するみなさんには、まずは小売業の本質を勉強するため店舗マネージャーとして現場の第一線でお客さまと接しながら店舗運営などの基礎を固め、その経験を活かして当社に広がる様々な分野で活躍をしていただく予定です。

これからも当社はコンプライアンス経営のもと、鉄道をご利用いただくお客さまのニーズに応えるため、買い物でもっと駅がおもしろくなれるよう、常にお客さまの視点に立ち、お客さま満足の向上に努め、質(お客さま満足・マーケティング・マーチャンダイジング・オペレーション・開発等)、量(売上・利益)ともに世の中から一目置かれるエキナカの"ダントツカンパニー"を目指します。

"人"が主役の小売業のなかで、世の中の動き・トレンドに敏感で、チャレンジ精神を持ち、会社とともに新たな価値を創造しながらともに成長していくための向上心を持ち続ける"人"こそが当社の求める人材なのです。

エントリー

新規エントリー(新卒採用総合職・店舗運営職)
新卒採用(総合職)
エントリー済の方(新卒採用総合職・店舗運営職)
マイページ
店舗のアルバイト採用